pebble time を公式サイトでの注文から到着までの購入体験レポート

梱包パッケージの感じ(速配/DHL)

ずっと以前からスマートウォッチが気になっていて、その中でも一番実用的そうで、一番おもしろそうな pebble (ぺぶる) の購入をなんども検討していました。

そんななか、この間、ふと思い立ってポチったので、開封レポートしたいかと思います。

kickstarterでのバッカー(援助者)ではなく、通常販売での購入です。

選んだのは、pebble time

pebble は、現在(2015年8月14日現在)、全モデルを公式サイトで注文することができます。
少し前まで、pebble time steel という最新モデルは、まだ販売していなかったのですが、ついこの前、販売開始しました。ただし、到着まで時間がかかるようです。

公式サイトからの注文について

英語に抵抗がなければ難しくはないのですが、一応手順や、かかる費用、関税、どのくらいで届くかなどを体験記としてレポートしてみたいと思います。

公式サイトにアクセスします。


pebble 公式サイト – https://www.pebble.com/
pebble 公式サイト右上にショップサイトへのリンク

右上の「Shop」というリンクから、公式ショップサイトに移動。

商品を選択し、商品の詳細ページへ移る

公式ショップの商品一覧ページから商品を選択

商品詳細ページで、カートに入れる

商品詳細ページで、カートに入れる

カートに進んで、購入手続きに進む

カートに入るので、カートを開く

配送先を入力し、決済方法入力にすすむ

カートで配送先情報を入力する

配送の種類

配送の種類は、通常配送とDHL配送

決済情報を入力し、確定させる

決済情報入力ページ

※決済は、カードおよびPaypalでの支払いが可能です。

あとは、確定させるだけです。

注文完了から受け取りまで

DHLで注文したので、ちょっぱやで届きました。DHLのサイトから追跡番号で追跡ができます。今どこにあるか、また、明後日の国に行ってないかも確認が可能です。

  • 8/3 夕方注文
  • 8/4 香港から発送
  • 8/5 到着(受け取れず)【早すぎ!】

再配達について(DHLの場合)

海外の宅配会社は、だいたい融通が利かない(特に夜間配送と土日配送)ので、奥さんが家に居るかたや休みが取れるかたはともかく、あらかじめ配送体系を調べておくのが無難です。日本のクロネコヤマトや佐川急便、郵便局などの基準で考えるとがっかりします。

pebbleから日本への即配は、DHLです。DHLについては、ネット上で色々情報が出回っていますが、割と古い情報があって今と違うので注意が必要です。
私が利用した2015年(平成27年)8月の横浜サービスセンターにおいては、以下のような形のようです。

  • 再配達は24時間音声(ナビダイヤル)で受付
  • 平日夜間(18時〜20時、19時〜21時)の再配達は、前営業日午前10時までに再配達依頼が必要。
  • 土日祝での再配達は、前営業日正午or15時までに再配達依頼が必要。当日はダメ。(例外的に土曜日の午前中の配達は、その日の午前8時までに再発依頼完了で可能)
  • 平日の時間帯指定は、「指定なし」「午前」「13時〜18時」「18時〜20時」「19時〜21時」
  • 土日祝の時間帯指定は、「午前」「12時〜14時」「14時〜16時」「16時〜18時」「18時〜20時」「19時〜21時」

ようするに、平日の夜間(18時以降)と、土曜日の午後、日祝の全日は佐川急便に委託するので、前営業日に手配が必要なようです。そのため、佐川急便委託時間帯は、当日の再配達は不可能なようです。
逆に言えば、DHLの営業時間(平日18時まで、土曜日12時まで)は、普通な感じです。

私は、土曜日に再指定して受け取りました。

かかった費用

品目 金額
pebble time 本体 $224(およそ27,823.04 円)
税(関税/消費税) 1000円
管理手数料(DHL) 1080円
総計 29903円

円安ですねぇ。

そんなわけで届いた

梱包パッケージの感じ(速配/DHL)
こんな感じの適当なパッケージングで届きます。さすがアメリカ。

配送袋から取り出した感じ
開けてみるとぷちぷちに包まれて、やっぱり適当な感じです。さすがアメリカ。

通常販売パッケージ外観
パッケージングは、Apple製品や、Apple製品をまねた製品に近く、かわいくて分かりやすいです。さすがア(ry

内容物について

内容物の全て

内容物は、

  • pebble time 本体
  • USBケーブル
  • pebble シール 2枚
  • マニュアル類

といったシンプルなものです。詳しくは、開封レポートにて。

終わりに

公式サイトから購入は、こんな感じです。英語と国際配送会社あたりでつまづくかもしれませんが、それ以外は、ネットでの買い物になれている方は、戸惑うことは無いかと思います。

届いたあと、開封については、以下の開封レポートを参照ください。

pebble time が届いたので、開封レポート
先日、ふと思い立ってスマートウォッチ pebble time を購入しました。その際のレポートは、以下のリンクより参照できます。購入手順...
広告

フォローして最新情報をチェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

mautic is open source marketing automation