pebble の日本語化の仕方まとめ

デフォルトだと日本語フォントが登載されていないため豆腐になる

pebbleは、国内展開されておらず、デフォルトで日本語に対応していません。ファームウェア上は、多言語対応可能なようになっているようで、将来的には日本語にも対応すると思いますが、現在のところ公式にpebbleに日本語を表示させる方法はありません。

ただし、非公式に日本語の言語パックを導入することで、pebbleを日本語化(厳密には一部メニューの日本語表示と、日本語フォントの導入)することが可能です。

ちょっと前まで、日本語化をすると様々な不具合が出ていたりもしたのですが、最新版ファームでは修正されています。(一部不具合報告があり、若干試行錯誤が必要かもしれません。)

なお、pebbleの日本語化には、Android端末とのペアリングが必要です。【追記】iPhoneでも出来るようになりました。

上記のような不具合やAndroid端末を用意できるかといった点が問題無ければ、日本語化はとても簡単です。

まずは日本語言語パックを見つける

pebble用の日本語言語パックは、実は複数存在します。また、pebbleの種類毎にファイルが異なる可能性がありますので、間違ったモノを導入しないよう注意が必要です。

Cryingneko氏作成のもの

ダウンロードはコチラ:Pebble 日本語言語パック / Pebble Japanese language pack
韓国の方が開発者で、日本語でサイト作成もされています。ドネーションウェア(寄付歓迎ソフト。しなくても使える。)で、私も少ないながらドネーションしています。
メニュー(一部)まで日本語化されます。私はこちらを利用させて頂いていて、最新ファームウェアで問題無く動作しています。

Syntactic Sugarさんのもの

ダウンロードはコチラ:Pebble Time 日本語・中国語言語パック
日本語も中国語も対応できる言語パックです。私は最初こちらを利用させて頂いていました。メニューは日本語化されなかったかと思います。

ichinomoto氏作成のもの

サイトはコチラ:PebbleTime v3.2 暫定対応日本語パック – 記録
ファームウェアだけでなく、pebble関連の開発情報なども様々エントリーされているサイトなので、ファームウェア関係なく、pebblerなら見ておいて損はありません。

日本語化の仕方

日本語化の仕方は簡単です。日本語化パックをAndroid/iPhone上のアプリで開くだけです。Androidの場合、日本語化パックは、通常Android上のPebbleアプリに関連づけされており、開こうとすればAndroidアプリが起動します。Androidアプリが、それを言語パックだと判断し、適切にpebbleにインストールしてくれます。

iPhoneでは、Pebbleアプリで開くのを選ぶことで同じ事が出来ます。
pblファイルをsafariでダウンロードしたらpebble timeで開く
safariでダウンロードしたら、「Pebble Timeで開く」を選べばOK

具体的な手順(Android)

ファイルをAndroidに

上記リンク先にAndroidからアクセスし、ダウンロードする
もしくは、PCからダウンロードして、Dropboxに入れて、Android上からDropoxにアクセスしダウンロードする。

ファイルをAndroidアプリで開く

Androidアプリで中国語・日本語言語パックを読み込むとpebbleにインストールする準備をしてくれる
ダウンロード完了したら開くことで、pebbleのAndroidアプリが起動します。

大抵のAndroid端末は、ダウンロード完了したら通知領域にその旨通知されるかと思います。その通知をタップすることで当該ファイルを開くことが出来ます。

もしそうで無い場合には、ファイラーアプリかもしくはダウンロードフォルダを開くアプリ(or リンク)からダウンロードフォルダのダウンロードファイルを開きましょう。

Androidアプリ上から進める

中国語・日本語言語パックのインストール中
Androidアプリ上の警告表示に「OK」で進むと、インストールが始まります。

完了

日本語が無事表示された様子
という感じで出来ました。

特段再起動や確認なく、インストール完了しました。

アップデートの度に入れなおさないといけない?

以前は、ファームウェアと言語パックが分離していなかったため、ファームウェアアップデート=言語パック入れ直しでしたが、pebble time以降については、ファームウェアと言語パックが分離しているため、入れ直す必要はありません。

ただし、まだファームウェアにマルチバイト文字を扱うのにこなれていない部分があり、不具合が出る、ないし言語パックも上書きされるという事が無いとも言い切れないという感じです。

まとめ

やはり日本語化パックを入れないと、通知なども□表示になってしまって意味がありません。
言語パックを提供して頂いている開発者の方や、人柱の方には感謝です。
できれば早く公式に提供されれば良いなと思っています。

関連リンク

Amazon

広告

フォローして最新情報をチェック

コメント

  1. […] の導入により日本語化はほぼ何の苦もなくできるようになりました。詳しくは専用ページで情報を公開しているところなどをご参照ください。(pebble の日本語化の仕方まとめ | pebbleらぶる) […]

  2. […] ※Pebbleは初期状態では日本語表示に対応していないのでこういったサイトを参考に言語パックを入れる必要があります。 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

mautic is open source marketing automation