pebble 各モデル解説・比較表

pebble の各モデル

pebbleは、2012年の登場以来、2015年8月10日現在4つのモデルがあります。

「pebble (watch)」「pebble steel」「pebble time」「pebble time steel」の4つです。

pebble自体の概要については、こちらのpebble (ぺぶる) とは?ページをご覧下さい。

第一世代(Pebble Classic)の「pebble (watch)」と「pebble steel」

pebble watch

pebble watch のイメージ kickstarterで登場した最も最初のモデルは、「pebble (watch)」です。おもちゃのような外観、ドット絵によるユニークなUIを兼ね備えていました。ビジネスライクな時計やブランド時計とはあきらかに違うガジェット感。それが楽しさや支援したくなる気持ちを生んだのかもしれません。
しかし、よくよく考えてみれば、時計に必要なものを突き詰めるとこうなるという最適解でもありました。実はいちばん実用的なスマートウォッチとわかる人はわかっていたのです。
 このモデルから全てが始まりました。

pebble steel

pebble steel のイメージ 次に金属製のボディで登場したのが、「pebble steel」となります。初代モデルがおもちゃっぽい、安っぽい感じでしたので、仕事で使うなどの用途には敷居が高かったようですが、金属製ボディ+金属製バンドのモデルとして「pebble steel」が登場し、単純におもちゃっぽくない、ちゃんと時計として使いたい人にも適したモデルが出ました。中身は「pebble (watch)」と同じですので、同様のアプリとウォッチフェイス(時計の盤面の種類)が利用できます。
 pebbleの地位を確したモデルと言えます。なお、通常販売モデルでは、金属製バンドは別売なので注意。

第二世代(Pebble Time/現行世代)の「pebble time」と「pebble time steel」

上記 pebbleのkickstarterでの資金調達と生産に成功しただけでなく、米国で100万台の販売をも達成しました。(関連記事:Pebble、スマートウォッチ販売数が100万本を突破 – CNET Japan
この成功を受けて、2015年2月に、機能と外観を改善した第二世代モデル「pebble time」と「pebble time steel」の提案が、kickstarterに登場しました。(該当ページ:Pebble Time – Awesome Smartwatch, No Compromises by Pebble Technology — Kickstarter

pebble time

pebble timeのイメージ pebble (watch)の正統進化モデルです。本体全部が金属製ではない(steelではない)ですが、ベゼル(液晶の周り部分)は金属製で初期モデルに比べてだいぶスタイリッシュになりました。また、見ればわかりますが、液晶はカラーになりました。
 時間を基軸とした新たなUI(タイムラインUI)を搭載しています。

pebble time steel

pebble time steel のイメージ pebble timeのsteelモデル(金属製モデル)です。とはいえ、バンドは革と金属の2種類モデルがあるので注意。
 単にデザインが変わっただけでなく、通常の pebble time よりもバッテリ容量が大きく持ちが良いようです。
 金属製のボディは、それだけでかっちょいいのですが、どうもApple Watchを意識しているようで、ゴールドボディモデルに赤いバンドのモデルは、Apple Watchの一番高い奴にそっくりな感じです。ハードウェアがスタイリッシュになると、逆に液晶表示が粗いのが際立ってしまう気がするのは私だけでしょうか。

Apple Watch Edition pebble time steel gold
Apple Watch Edition with red band イメージ pebble time steel with red leather band イメージ

比較表

データは、公式サイトのスペック表を翻訳したものです(一部redditデータ含む)。なるべく正確になるよう心がけていますが、誤りがある可能性があります。

pebble (watch)
pebble watch のイメージ
pebble steel
pebble steel のイメージ
pebble time
pebble timeのイメージ
pebble time steel
pebble time steel のイメージ
価格(価格帯) $99.99 $149.99〜$169.98 $199.99 $249.99〜$299.98
ボディサイズ 52mm L × 36mm W × 11.5mm T 46mm L × 34mm W × 10.5mm T 40.5mm L x 37.5mm W x 9.5mm T 40.5mm L × 37.5mm W × 10.5 mm T (from reddit)
重さ 38g / 1.34oz (標準バンド込の重量) 56g / 1.97oz (標準バンド込の重量) 42.5g / 1.5oz (標準バンド込の重量) 62.3 g / 2.2 oz (レザーバンド)
116.3 g / 4.1 oz (メタルバンド)
(from reddit)
ボディカラー Orange / Cherry Red / Jet Black / GREY / Arctic White Brushed Stainless / Matte Black Black / White / Red Black / Shilver / Gold
素材
  • 本体:ポリカーボネート
  • バンド:TPUラバー(白モデル用バンドは、シリコン)
  • 本体:海水対応レベル防水ステンレススチール
  • バンド:革(メタルバンドは別売)
  • 本体:海水対応レベル防水ステンレススチール
  • バンド:?
  • 本体:ステンレススチール
  • バンド:革 or ステンレススチール
バンド幅 22mm
液晶 1.26インチ(1.18 × 1.97インチ, 30 × 50 mm), 144×168ピクセル(176ppi), LEDバックライト搭載, 半透過型モノクロ・メモリ性液晶(MIP)・(広義の)電子ペーパーディスプレイ(SHARPのLS013B7DH01とのこと), 対傷ハードコーティング+耐指紋コーティング(Corning Gorilla Glass) 1.25インチ, 144×168ピクセル(182ppi), LEDバックライト搭載, 64色表示・半透過型・低温ポリシリコンメモリ性液晶・(広義の)電子ペーパーディスプレイ(ジャパンディスプレイのLPM014T262Cとのこと, 対傷ハードコーティングガラス+耐指紋コーティング(Corning Gorilla Glass 3)
バッテリ リチウムイオンポリマー(満充電時、最大7日間使用可能)、専用ケーブル(磁力誘導付き)付属 リチウムイオンポリマー(満充電時、最大10日間使用可能)、専用ケーブル(磁力誘導付き)付属
防水性能など 50m防水、湿度5%-95%(結露なし)、高度3000mまで(1000フィート) 30m防水
搭載センサー
  • 3D加速度センサー
  • 電子コンパス
  • 光センサー
無線機能 Bluetooth2.1(?), 4.0(+EDR+LE)
マイク 搭載
対応言語 英語、スペイン語、フランス語、オランダ語
対応文字コード Unicode, Basic Latin, and Latin-1 Supplement
その他特徴
  • 新UI:タイムラインインターフェース
  • 第1世代のpebble用ウォッチフェイスおよびアプリをサポート
  • 言語、文字コード追加予定

フォローして最新情報をチェック

mautic is open source marketing automation