pebble time の開封からセットアップまで。ウォッチフェイス切り替えの様子・動画あり。

ウォッチフェイスを選んだら初期設定完了

先日ふと思い立ち、スマートウォッチ pebble time を購入しました。本エントリーでは、開封から初期設定、利用開始までの手順を解説しています。購入と開封のレポートは、以下のリンクから参照できます。

pebble time を公式サイトでの注文から到着までの購入体験レポート
ずっと以前からスマートウォッチが気になっていて、その中でも一番実用的そうで、一番おもしろそうな pebble (ぺぶる) の購入をなんど...
pebble time が届いたので、開封レポート
先日、ふと思い立ってスマートウォッチ pebble time を購入しました。その際のレポートは、以下のリンクより参照できます。購入手順...

必要なもの

pebble の利用には、Androidスマートフォン or タブレット、もしくは、iOS端末 (iPhone / iPad)が必要になります。
単体だと使えないので注意が必要です。

一応初期設定だけ済ませれば、時計として使えるとは思いますが、あまり実用的で無い気がします。

また、Androidの方がより連携できる幅が大きいようです。(ファームウェアをpebbleに送信するなどが可能)
Androidは、最近ではMVNOによる格安SIM用の安い端末がたくさん出ているので、もしまだスマホをお持ちでない場合には、そちらを購入されるのが良いかと思います。(まぁ、そもそも、スマホなしでスマートウォッチを購入しようとする方はかなり奇特な気がしますが。)

古い端末は、Bluetoothのバージョンが古い可能性があるので、注意が必要です。。ASUS/Zenphoneに代表される最近の安価端末か、もしくは、タブレットがおすすめです。(個人的には、Xperia Z Ultraがおすすめです。スマホタイプだと、HUAWAIの(Ascend) P8liteでしょうか。)


一方で、この際、回線も契約しちゃうぜ!っていう人には、楽天モバイルや、BIC SIMなどがおすすめです。

初期設定の手順

まずは電源を入れる

pebble timeに電源を入れるところ2

電源は、本体左側のボタンを長押しすることで出てきます。

電源を入れると、アプリをスマホに入れろとのこと

pebble timeを初めて起動したところ

スマホアプリをインストール

Androidは、Google Playにて

pebble公式アプリは、pebble(watch/steel)用と、pebble time(time/time steel)に分かれている
Android上のGoogle Playにて、「pebble」と検索すれば、該当のアプリが出てきます。「pebble」と「pebble time」というアプリの2種類ありますので、本体に合わせてインストールします。「pebble」アプリは、「pebble (watch)」と「pebble steel」用、「pebble time」アプリは、「pebble time」と「pebble time steel」用です。(勝手な見解ですが、そのうち一つのアプリに統一されるのではないかと思います。)

iPhone/iPadは、App Storeにて

AppleのApp Store上でpebbleを検索してみた様子iOS上のApp Storeでも、同様な感じです。

アプリを起動して、スマホとpebbleをペアリングさせる

スマホアプリを起動

起動時に出る注意書きスマホアプリを起動すると、「これは、pebble time用のアプリです」と注記が表示される。「I HAVE PEBBLE TIME」ボタンで進みます。

pebbleアカウントにログイン

pebbleアカウントのログイン画面pebbleアカウントにログインする。pebbleアカウントを持っていない場合には、「CREATE ACCOUNT」でアカウントを作成します。

ログイン後、音声コントロールの言語選択画面

ボイスコントロール時の言語選択画面。日本語はありません。音声コントロールの言語選択画面に進みますが、日本語はありません。

pebbleとのペアリング画面に

pebble timeのペアリング用画面。画面に識別記号が表示されていて、一致を確認してペアリングする
Bluetoothで検出されたpebbleが一覧表示される。pebble自身にも「8E9C」などの番号が表示され、どのpebbleか判別できるようになっている。近くにpebbleを使っている人がいたら複数表示されるため、自分のと間違わないようにタップする。タップすると、ペアリングを開始する。

pebble timeとスマホのペアリング画面pebbleにも連動して、ペアリングOKかどうか表示される。

ペアリングは、pebbleアプリではなく、設定からも普通に可能pebbleアプリからのペアリングだけでなく、単にスマホの設定からペアリングする方法でもペアリングできる。

ペアリング完了

ペアリング出来たときのpebbleの画面。かわいげ。ペアリング完了するとこんな画面が表示されます(ボケててすいません)。

自動アップデートが入る

ペアリング出来たあとは自動でアップデートが入る。スマホと画面は連動する。ペアリング完了後は、自動でpebbleのアップデートが入ります。画面が連動するのが面白いです。

Androidの通知設定

最初のスマホの通知設定(Android)アップデートが完了したあとは、Androidの通知設定が入ります。(iOSでは入らないかもしれません。また、Androidでもバージョンにより入らないと思います。)

Androidの通知許可画面。pebbleアプリに通知を許可しないとpebbleの通知機能が使えないAndroidの通知設定は、Androidの通知をpebbleアプリに読み取る許可の設定です。pebbleアプリが、他のアプリやAndroidの通知を読み取り、その後pebble本体に通知を飛ばすという構造です。そのため、pebbleに通知を飛ばしたいのであれば、この許可をする必要があります。(許可をしなくても、通知以外は、普通に動くかと思います。)

Androidの通知許可についての確認画面通常は、チェックを入れて、注記が出ますが「OK」としましょう。あとでオフにも出来ますし。

次はいよいよウォッチフェイス(盤面)の選択画面

イメージ画像でよく見るウォッチフェイスはデフォルトで入っているつぎは、いよいよウォッチフェイス(時計の盤面)の選択画面です。スマホ上でウォッチフェイスを選択すると、それに連動してpebbleの表示も変わります。ウォッチフェイスは、pebbleのスマホアプリ上からマーケットのようなところにアクセスでき、自由に追加も出来ます。

実際に動いている様子は、以下の動画で見ることが出来ます。

これで初期設定が完了

ウォッチフェイスを選んだら初期設定完了
これで初期設定が完了しました! これで、あとは自由に使うだけです。

一応、当サイトでもそこらへんの解説記事をエントリー予定です。

広告

フォローして最新情報をチェック

コメント

  1. […] >> pebble time の開封からセットアップまで。ウォッチフェイス切り替えの様子・動画あり。 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

mautic is open source marketing automation